ネットショップ立ち上げ備忘録

初心者がネットショップを立ち上げるまでに関連する技術や考察の備忘録です。ネットショップでのSEO対策や、アクセス・集客方法、広告手法、デザインなどについても記事を公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

[MovableType] カスタムインデックステンプレート時には変数宣言をしておくと便利



4839933456

久々に技術ネタです。
Movable Typeで基本的な事なんですが、ちょっとつまづいた部分があったのでメモです。
MTやWPには便利な条件分岐出来るタグが多いわけなんですが、基本的にMTだと

<MTIf name="main_index">
メインインデックステンプレート時にはこの内容を表示
</MTIf>

みたいな上記タグを使用して条件分岐します。

nameのmain_indexというのはデフォルト時に作成されているindex.htmlの要素に
なっています。

これを例えば「カスタムインデックステンプレート」でindex.html
を作成した場合などあったとします。

そうなると上記のタグは効かなくなってしまいます。

理由は name="main_index" というのは作成時に「インデックステンプレート」
で作成した時に紐づけられている為であるわけです。


これをつい忘れて「条件分岐出来てない!おかしい!」となってしまう事が
ありました。

これを防ぐにはカスタムインデックステンプレートで作成した場合は
先頭などにあらかじめ変数を書いておくと便利です。

例えば

<$mt:SetVar name="CustomIndex" value="1"$>

と書いておけば

<MTIf name="CustomIndex">
カスタムインデックステンプレート時にはこの内容を表示
</MTIf>

で条件分岐が利用出来るようになります。

<MTUnless name="CustomIndex">
カスタムインデックステンプレート時以外の時は表示
</MTUnless>

上記のような、<MTUnless>タグで「○○以外の時」の分岐も簡単に出来ます。


基本的な事でいうとほとんどIf文「もし○○の時は~を。それ以外は~を」
のように使いこなす事で今までの作業が楽になることが多々あると思います。

MTやWPでははじめからそういった機能のタグが用意されています。
取っつきやすく、テンプレートに直接書いていける独自タグなので始めての
人にもカスタマイズやすいプログラムを自分で組めると思います。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| MovableType | 13:34 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。