ネットショップ立ち上げ備忘録

初心者がネットショップを立ち上げるまでに関連する技術や考察の備忘録です。ネットショップでのSEO対策や、アクセス・集客方法、広告手法、デザインなどについても記事を公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

Google化の影響でのその後



Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)


11月末から非常に忙しくなり、12月やっと書けるブログ記事となりました。
さて、話題に上っていたGoogle化でネットショップの売り上げのほうはいかがでしょうか。
私は基本的なSEO対策しかしないですし、コンテンツを強くするほうを重視(Googleが推奨してる事)しているので伸びる結果となりました。

もちろん反対にアクセスが激減という方も観測範囲内ではちらほらいらっしゃいました。


ビッグワードは相変わらずだけど、そうでない場合はまだまだチャンス


基本的なビッグワードと呼ばれるキーワードに対しては私はSEO専門でもないのでさらさらやるつもりはないのですが、もしかしたらあえて立ち向かう方もいらっしゃるかたもいるかもしれませんね。

反対にまだまだスモールキーワードではチャンスがあると思ってます。

アクセスが多い方が有利なのは違いありませんが、広告も多岐にわたるので、面倒な場合は広告費に予算をつぎこめば良いかと。

特に最近はグルーポン系の広告費つぎこみが多く見られますね。
Webメディアらしいネットサービスだと思います。

ああいうのはSEOよりもスピード感といかに認知度、ブランド化させるのかが重要なので今が勝負所といったところでしょうか。


Twitterも軽視出来ない


今や認知度がかなり高くなっているTwitterですが、Googleの検索でも上位にひっかかるようになりました。

使い方によっては非常に有効なツールになると思います。

つぶやきも考えたキーワードでつぶやくと相乗効果を得られるツールになります。

基本的にそのキーワードでつぶやかれた後にURLが貼ってあると良いと思います。
多いのはつぶやきだけでそこからリンクされているところがないので、すぐに戻るボタンになります。

そのあたりの調整を是非上手く活用してみてください。


それでもブログは軽視出来ない


Twitterは確かに速報性の高いツールではありますが、じっくり説明出来るかというと140文字では厳しい事が多々です。

またそれなりの文字数があると拾われやすいのもありますので、まだまだブログは強いと思います。

むしろTwitterに流れた今がブログチャンスと捉えるのもありなのではと思います。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| ネットショップ | 17:39 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。