ネットショップ立ち上げ備忘録

初心者がネットショップを立ち上げるまでに関連する技術や考察の備忘録です。ネットショップでのSEO対策や、アクセス・集客方法、広告手法、デザインなどについても記事を公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

MovableTypeが生成するパーミッションについて



MovableTypeが生成するパーミッションについて

新年初投稿という事でして、いつのまにか既に日数が経ってしまいました。
今回はMTが生成するパーミッションについてのお話。

Movable Typeのデフォルトのパーミッションは?


はい、という事でそのあたりについても公式で解説されています。

HTMLPerms
http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/config-directives/htmlperms.html

初期設定値 0666

説明では

umask の設定で権限を調整する方法の他に、HTMLPerms と UploadPerms を使っても、システムで作成されたファイル (出力ファイルとアップロード・ファイルのいずれか) のデフォルトのパーミッションを設定できます。



というわけで上記ページからいろいろな設定がありますので、好みのパーミッション設定が可能です。


デフォルト時のパーミッション


MTのmt-config.cgiに何も記載しないと下記のパーミッションになります。

ディレクトリ 0777
ファイル 0666

というわけで、ディレクトリが全開なわけでして、ちょっとこれではいかんなという場合は上記のようにHTMLPermsなどをmt-config,cgiに記載しておかなければなりません。

このあたりは通常あまり気にしないところだとは思いますが、サーバやPHP化等によって必要になってくる設定だと思います。

いやー奥が深いですね。






関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| MovableType | 22:36 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。