ネットショップ立ち上げ備忘録

初心者がネットショップを立ち上げるまでに関連する技術や考察の備忘録です。ネットショップでのSEO対策や、アクセス・集客方法、広告手法、デザインなどについても記事を公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

安易にネットショップを考えないほうが良い




Photo by gutter

ネットショップの利点として実際の店舗をたちあげるよりはるかにコストが安くすむ事があげられます。
また24時間世界中を相手に商売が出来るのも利点ではないでしょうか。
ただ意外と多いといいますか安易にネットショップを始める方が多いのも事実です。
ネットショップは一個人でもはじめられる素晴らしい利点もあるのですが、反面参入者が多くなった事や実際に商品を触れれない事や、写真と実際に違ったなどの不利な点も多くあります。

一番安易に考えているパターンが実際の店舗からインターネットショップも出して失敗するというパターンが多い気がします。
とりあえずインターネットショップを立ち上げれば売れるだろうと考えているのが多いのかもしれません。

初期費用は格段に0に近くなったとはいえ、どうやってインターネットショップのお店にきてもらうか、きてもらった後成約になるのかどうか、非常に難しい問題が多く残っています。

特に第一条件としてページを見てもらう事が非常に重要です。
まずはきてもらわないと購入すらも出来ません。

ではどうやったらインターネットショップページにきてもらえるのか?という事を考えなければなりません。

・検索エンジン
・広告バナー
・知人の紹介
・ニュースリリース
・ブロガーからの紹介
・メディア

今ぱっと思いついたものだけざっとさげてみました。
大きく分けて「検索」と「広告」の二つからなると思います。

「広告」はそのとおりお金をだして自社の宣伝をします。これはお金の度合いによってどこまで出来るかはそれぞれ異なってきます。

「検索」についてはヤフー検索やグーグル検索でどうすれば意図したキーワードで表示してくれるかを考えなければなりません。
またアクセス解析を導入して自社のサイトがどのキーワードで訪問されているのかというのも重要です。
検索結果については確かに上位表示してくれたほうが効果は高いでしょう。

ただしこの対策について激化しているのでキーワードの選定が重要になってくると思います。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| ネットショップ | 17:53 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。