ネットショップ立ち上げ備忘録

初心者がネットショップを立ち上げるまでに関連する技術や考察の備忘録です。ネットショップでのSEO対策や、アクセス・集客方法、広告手法、デザインなどについても記事を公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

相手が知らない情報を詳しく製品情報ページにのせる



相手が知らない情報を詳しく製品情報ページにのせる

インターネットにどっぷりはまってしまうと、インターネットに詳しくない人の感覚との「ズレ」が生じたりします。

この「ズレ」を改善してあげることで、訪問者数や成約率を改善する事につなげてみましょう。

自分が知っている事は必ずしも皆が知っているわけではない


自分の中での「常識」と相手の「常識」が異なるようにあなたが知っている事が、お客さんにとって「常識」として知っているわけではありません。

つまり、ちょっとくどいようですがわかりにくいであろう単語などはちゃんと説明文章をのせてあげると訪問者にはわかりやすいわけです。

amazonよりも詳しく


ネットショッピングの大手amazonは基本的には最低限の情報しかのせてありません。
もしくは最低限の情報もなかったりします。

そこで情報がほしい人はその「商品名」で一般的には検索をおこなうでしょう。

もしくは「会社名」で検索しなおすかもしれません。

そんな時に、あなたのネットショップの製品情報がamazonと同じだった時、または同じ量しか情報が公開されていなかった時あなたならどうしますか?

その事を考えて念頭においておくと製品情報ページの改善につながります。

難しい文章を使っていませんか?


あまり難しい文章を使いすぎると、訪問者は理解が出来ない事があります。

普段から同業他社、もしくはわかりやすいネットショップの製品情報ページを参考にしてください。

自社の製品情報ページとどう違うのか、どこがわかりにくいのか、どこの説明がたりないのか比較してください。

普段自社サイトばかり確認や修正、追加しているとついつい他社のページとの比較を怠ってしまいます。

図や写真、実際の装着写真、動画などを掲載する


説明べたの場合には図や写真をふんだんに使用するのも一つの手法です。

情報ページが「字」だらけだと読まない層も一定数は存在しますので、文章とうまく合わせてみましょう。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| ネットショップ | 00:07 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。