ネットショップ立ち上げ備忘録

初心者がネットショップを立ち上げるまでに関連する技術や考察の備忘録です。ネットショップでのSEO対策や、アクセス・集客方法、広告手法、デザインなどについても記事を公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

ページ数を増やすためのちょっとしたテクニック



4798117110

ページ数を増やす為にちょっとしたテクニックといいますか、ユーザビリティの面でも変更してみるとページ数というのはいろいろと増やす事が可能です。
今回は、「FAQ」を中心に解説いたします。
多くのネットショップのサイトには、既にFAQやQ & A、困ったときには?などのあらかじめよくある質問集というのを用意していると思います。

よくあるタイプのFAQページ


ページ数を増やすためのちょっとしたテクニック

上記画像文章内容はあくまで例なので気にしないでください。

よくあるQ & Aですね。
確かにこれは見やすくてわかりやすいですが、欠点として質問が多くなるとスクロールしなければなりません。

また上記画像では一文になっていますが、回答が長くなるようですと、質問項目を探すのにユーザビリティが悪くなります。

管理面でも1ページにずらっとのせると変更時にソースを追うのが面倒になります。


1問1答ページにする


視点を変えて1問1答ページにしてみます。
つまり「質問」がずらっとページにならんでクリックするとその質問文と回答文のページに移動するようにします。

例えば
http://www.dell-faq.com/
なんかは1問1答式になっていますね。
(このデザインやレイアウトが見やすいか見にくいかはおいといて・・・)

これだけでページ数が簡単に増えることになります。

またリンクされる際も1問1答ページなので重要な項目にリンクされやすくなります。


関連する質問ものせるようにするとさらに良い


今は技術的にプラグインなどの簡単に導入出来るものがありますので、質問ページに対して関連する質問を表示してあげると訪問者にとっても便利です。

また関連する質問を表示する事により内部リンクも増えますので良い効果?がもしかしたらあるかもしれませんね。


でも質問が少ない時は止めた方が良い


例えば質問が10にも満たない場合、かつあまり長くならない場合は1ページに全ておさめたほうが良いかと思います。

例えば
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=642960
上記のヘルプ内容量したら1ページにおさめたほうが良いかもしれませんね。

今後増えたり、変更する場合が高い場合はページタイプに変更しても良いと思います。


こういったところにCMSを導入すると便利


MovableTypeやWordPressなどのCMSをこういった1問1答部分に導入すると管理やページ作成が非常に楽になります。

もちろん手打ちで全てまかなうのも構いませんが、質問数を多く用意、かつ増えたり変更したりする場合は面倒かなと思います。

個人的にはこういうところは楽をしたいのでCMSを導入します。

CMSを導入する際に、全てをCMS化しなくても良いかと思います。
またCMSではなくてもWikiでも構わないですし、何ならブログでも良いんじゃないでしょうか。
(ブログの場合はちょっとカスタマイズしないと見にくくなると思いますが・・・)


FAQ以外にもページ数は増やせる


今回はFAQでしたが、他にもちょっと視点を変えるだけでページ数を増やす事が出来ます。
目的がページ数を増やす事のみになってしまうとユーザビリティがその分低下する恐れがありますので、既存部分を変更する場合は注意が必要です。

また、既存のURLは出来るだけ変更しないほうが良いです。

今回ピックアップしたFAQタイプですとURLを変更しなくても実装出来るタイプですが、URLを変更しなければならない時は本当にページ数を増やしてまで変更する必要があるかどうかよく検討されるべきかもしれません。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| SEO | 23:29 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。