ネットショップ立ち上げ備忘録

初心者がネットショップを立ち上げるまでに関連する技術や考察の備忘録です。ネットショップでのSEO対策や、アクセス・集客方法、広告手法、デザインなどについても記事を公開しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

アクセス上位ブログにみるジャンル傾向。ブログを始めるジャンルがない場合の参考



アクセス上位ブログにみるジャンル傾向。ブログを始めるジャンルがない場合の参考

一人でするSEO対策で文章化する時間とお金について書いてみましたが、今回は単純にサブサイトを作成するのにテーマやジャンルが決まらない時の参考に書きたいと思います。

ネットショップと同じ内容のサブサイト制作は厳しい


たとえば、服の販売をしているネットショップを運営しているとしてサブサイトを作成する時に同じ服のテーマを毎日書こうと思ったら結構厳しいのではないでしょうか。

あふれんばかりの知識と量があればネタはつきないと思いますが、私だったら毎日はとてもじゃないですが、サブサイトでも提供出来ないです。

となるとどうしても他の切り口で探さないとなかなか継続しにくいのが現状です。


アクセス上位のブログのジャンルの共通点は


アクセスが多いと言われるブログのジャンルは多々ありますが、共通点として「海外の記事や出来事を紹介」というのが多いかと思います。

そうです、すばり「海外の記事や出来事」を翻訳して紹介するブログです。

これだと結局世界中にネタがあるのでまずネタがつきることはありえません。
また日本という幸いな土地柄といいますか、日本語の浸透率の影響で英語を読み書き出来る人ばかりではないところがポイントです。


翻訳サービスでもだいたいは伝えられる


英文をそのまま翻訳サービスで翻訳結果したものでも、何とか内容はわかったりするものです。

もちろん英語が出来るにこしたことはないのですが、ネタを探してきて翻訳してブログへ書くという作業は結構面倒な作業だったりします。

しかし、毎日ではないにしろ海外の記事を紹介する事は自分の為にもなりますし読みに来る人の為にもなります。


というわけで英語が出来るだけで結構利点


まさに日本語だけではやっていけそうにもない時代がいつかくるのではと思います。
今の子供さんの子供さんぐらいになると英語と日本語話せて当たり前の時代になってるかもしれません。

そんな時に少しでも英語が出来るだけで強みになるのではと思います。
またネットショップになると輸入して販売出来るようになりますので新たなビジネスが開拓出来ると思います。


日記よりは海外記事翻訳


日常の日記を毎日書くよりは、ちょっと苦労してでも海外記事を翻訳していくほうが私としては良いような気がします。

もちろん日記を書いて気分がすっきりするのも良いとは思いますが、日記ほどアクセスを集めるのは難しいジャンルはないと思います。(知名度がある方や顔出ししている方、ファンがついている方などは別ですが)

つまりジャンルやテーマは全くないけど、アクセスを出来るだけ集めやすいテーマとなると海外記事翻訳が一番安定感のあるジャンルかなと思います。(1ヶ月1投稿というレベルでは意味がありませんのであしからず)


関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

| SEO | 20:36 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。